スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webの時代とは?

Web(ウエブ)を英語の辞書で調べると、「織物、蜘蛛の巣状のもの」「テレビラジオの放送網」と解説されています。 インターネットのことをWorld Wide Web(ワールド・ワイド・ウエブ略してwww)と呼ぶのはこのためです。そして、いまやWebはインターネットと同義語として扱われるようになりました。
ところで、コンピュータが「計算する機械」あるいは「電卓の親分」と思われていた時代に、「コンピュータはネットワークだ」(The Network Is The Computer)と言ったのはサン・マイクロシステムズの創業者スコット・マクネリー氏でした。
Webがこの地球を覆い尽くし、ブロードバンドの出現がWebの可能性をにわかには信じられないほど拡張しつつある時、彼のこの言葉と哲学は、ますます時代を牽引するものとして立ち現れてきました。「コンピュータはネットワークだ」というこの言葉は、コンピュータの可能性の本質がネットワークにあることを簡潔にしかも正確に表現したものであることは今や明らかです。
それは、コンピュータを遥かに凌ぐ規模の携帯電話がネットワークに繋がったとき、膨大な数のゲーム機器がコンピュータに繋がろうとしているいま、「ユビキタス」コンピューティング、つまり携帯電話から家電機器にいたるまでいたるところにコンピュータが組み込まれ存在する、来るべき時代、そうしたあらゆる機器に組み込まれたコンピュータがインターネットなどの情報ネットワークに、いつでも、どこからでもアクセスできる環境が実現しつつあるとき。もはや、コンピュータの性能・機能は大きな課題ではなく、ネットワーク環境こそがシステムの可能性を占う鍵となったのです。こうした変化はWeb上に存在し、アクセスの対象となるコンテンツ(内容)に大きな変化をもたらすことになりました。
ここでもかのスコット・マクネリー氏は大変示唆的な言葉を発しています。彼は、今後Webの進化によって「コンテンツはサービス化する」と指摘します。
この言葉は何を意味するのでしょうか。強力なネットワーク環境を背景とするWeb上のコンテンツは、従来の「データ」、「情報」とは異なる性質を持つことになりました。これは次のようなケースを思い起こしていただければ納得していただけるでしょう。
交通機関の「時刻表」がホームページのコンテンツとして掲示された当初は毎月出版される「時刻表」の電子化されたものにすぎませんでした。
しかし、この電子「時刻表」は様々な機能を果たすプログラムと一体化して次々とその付加サービスを提供し始めました。
目的地までの最適なルート選択、料金シミュレーション、そして座席予約、切符の購入といった具合です。
特定のコンテンツからまるで「連想ゲーム」のように様々な機能とサービスが展開していきます。この時重要なのは、多くの場合、こうした様々なサービスの利用がコンテンツを見ることから自然な流れとして利用可能だということです。意識して特別のプログラムを事前に準備したり、プログラムの利用に関して前もってマニュアルを読んだりする必要が全くないということです。
Webコンピューティング以前は利用すべき機能やサービス、これはアプリケーションプログラムと呼ばれていましたが、その付属物・生成物として情報やデータつまりコンテンツがありました。Webコンピューティングでは、コンテンツから機能(プログラム)やサービスが生まれてくることになりました。こうして両者の関係は逆転してしまったわけです。Web上のコンテンツの利用者はプログラムの存在を一切意識することなくダイレクトにコンテンツにアクセスすることでサービスを享受する、こうして生まれる新たなサービス=ビジネス・モデルこそが新しいネットワークでの経済構造になる、とスコット・マクネリー氏は指摘します。Web時代の「ビジネス・モデル=新たな仕事」を考える上で参考になる見方ではないでしょうか。
コミュニケーションサイエンスの新しいソフトウエア「Webシリーズ」の開発はこうしたWeb時代の「ビ
ジネス・モデル=新たな仕事(サービス)」を念頭において開発されています。
スポンサーサイト
プロフィール

chinshimokkou

Author:chinshimokkou
坂井 茂
株式会社コミュニケーションサイエンス代表

パソコンソフトウエア業界の草創期から活躍。
大学卒業後、日本経済新聞社勤務、株式会社クイック設立の為出向。
アスキー・マイクロソフトの設立に参加。 日本経済新聞退社。
アスキーマイクロソフト社副社長、マイクロソフトウエアアソシエイツ代表取締役副社長、マイクロフォーカス株式会社代表取締役社長を歴任。
日本で最初のコンピュータソフトウエア専門ショップ「ソフトショップ」を設立。
その後株式会社コミュニケーションサイエンス代表取締役社長。
昨年、社長を後任に託し会長職に就任。

カレンダー
10 | 2003/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
PR
株式会社コミュニケーションサイエンス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。