スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「IT革命」は遠い世界の話ではありません(1)

 最近多くの新聞、雑誌、テレビ等で「IT革命」という言葉をお聞きになると思います。この「IT革命」(情報技術革命)と呼ばれる変化が如何に世界経済に大きな影響を与えつつあるか、IT革命に遅れをとることは自由経済市場における競争に遅れをとる原因の一つになる、という判断が世界のリーダー達の一致した意見になってきました。

 先頃沖縄で開かれた先進国首脳会議(沖縄サミット)ではわざわざ時間を割いてこの問題の影響に関する様々な討論が行われたほどです。政府もまた、こうした議論を背景にIT革命を推進する施策の一環として、「電子政府」に関する構想や、各種の「電子申告」の早期実施に向けた検討に入り、税務署、社会保険庁に対する電子申告の実施要領のとりまとめと検討に入っています。
近い将来にこうした制度が実現することは間違いないでしょう、そして、それは多くの企業の「事務職」と呼ばれる人々の仕事に意外に大きな影響を与えることになりそうです。

 では、こうした変化が日々の給与計算や経理、会計や財務の仕事に具体的にどの様な変化となって現れるのか、ASP(Application Service Provider)アプリケーション・サービス・プロバイダーと呼ばれる最新のIT技術を利用するMBシリーズの次期システムを通して変化の一端をご紹介します。

 ASPによる次期MBシリーズをご活用いただくことで皆さんの具体的な仕事が「IT革命」の中でどう変化するのかを知るための指標としてぜひ参考にしていただきたいと思います。このASPと呼ばれる最新のIT技術は、パソコンとインターネットが一体となって機能する事に特徴があります。単にコンピュータの性能や機能が向上するという変化ではありません。

 ASPでは、インターネットを通じて、パソコンから入力されたデータを給与計算や財務会計に関連する人々が共有する事が出来ます。これまで、いちいち現場に足を運び、必要書類に同じデータを何度も転記したり、わざわざ出向いて所定の官庁に届け出事務を行ったりしていた仕事を、インターネットを通じて、「電子申告」によって一瞬にして実行する事が出来るのです。

 こうした機能は、社会保険労務士、税理士、公認会計士といった専門的な知識を活用してサービスを提供してきた「専門家」の皆さんの「仕事のやり方(ビジネスモデル)」もまた大きく変化させる従来にない画期的な新技術です。
「IT革命」は関係のない遠い世界で起きている話ではありません。日々の仕事の仕方が急速に変化する、すぐ身の回りで起きている、或いはすぐ近い将来に起きることが予想される事なのです。

 必要な設備はパソコンとレーザプリンターだけ。さて、皆さんは現在パソコンをどの様にお使いでしょうか。ほとんどはパソコンを単独で利用するか、少し規模が大きな事業所なら営業部門の仕事や、給与計算、経理・財務の仕事をLANと呼ばれるシステムを利用し複数台のパソコンを結合してデータを共有して利用されているのではないでしょうか。(図1参照)この場合でもシステムやデータの共有は同一の建家内で、同一社内で利用される場合がほとんどでしょう。

 ASPによるシステムでは、インターネットを活用し、安全で設備の整ったサービスセンターに置かれたサーバーを使いデータを共有します。ですから、利用者はパソコンさえ有れば距離的にどんなに離れていても、極端なことを言うと世界中どこからでもデータを共有して仕事をすることが出来ます。こうしたシステムは従来オンラインシステムと呼ばれていました。ASPは、オンラインシステムに比較的に良く似ています。しかも、ASPはこうしたオンラインシステムによく似た環境をインターネットの標準的なシステムで全て実現してしまいました。
オンラインシステムの前提であった専用の電話回線や、遠隔地のサーバ上にあるデータを利用するための専用のソフトウエア、ハードウエアを必要としません。この仕組みをもう少し詳しく説明します。
(その2に続く)
スポンサーサイト
プロフィール

chinshimokkou

Author:chinshimokkou
坂井 茂
株式会社コミュニケーションサイエンス代表

パソコンソフトウエア業界の草創期から活躍。
大学卒業後、日本経済新聞社勤務、株式会社クイック設立の為出向。
アスキー・マイクロソフトの設立に参加。 日本経済新聞退社。
アスキーマイクロソフト社副社長、マイクロソフトウエアアソシエイツ代表取締役副社長、マイクロフォーカス株式会社代表取締役社長を歴任。
日本で最初のコンピュータソフトウエア専門ショップ「ソフトショップ」を設立。
その後株式会社コミュニケーションサイエンス代表取締役社長。
昨年、社長を後任に託し会長職に就任。

カレンダー
11 | 2000/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
PR
株式会社コミュニケーションサイエンス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。